rss twitter fb hatena gplus

*

彼岸花の咲く夜に 第3話 「お姫様の嘘」 感想


シーキャット(゚Д゚)
斧さん!!!!111!!

六軒島キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

竜騎士07さんの作品の中では最も後味の悪い作品。
純粋に作品としてみたら名作。

めっちゃ面白い。
これの為だけに彼岸花買う価値あります。

 

周りのことを何も考えないワガママな姫タイプが因果応報でボロクソにされてざまぁwwww的なお話かと思ったら、真逆でした。そして、ラストで見事に騙されました。いや、信じたくなかったといいますか。EP3のベアトの件、うみねこ以降、いろいろミステリを読んで多少は知恵がつきましたので、気付かないわけじゃなかったんです。

「そういえば彼女も演劇部だった。」

ここでもう、そういう設定なんだ、嘘なんだなって気付いちゃって。一学期を過ごしてきて、同じクラスなのにそれはないだろ、と。

真っ先に黒戦人ちっくな紅茶紳士さんは悪いやつなんだろうなって思ったんですよ。契約の代償として腕が上がらなくなる、生きていける程度の病気になるとか、その程度だと思ったんですよ。催眠術だとか寿命を蝕むだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ的な。夢みさせて放置って。社会的に死んだようなもんじゃないですか、あれ。恐ろしい。。。

持て囃される努力
イケメン、美人、スポーツできる、頭がいい、喋りが面白い。人気者になれる要素っていろいろあるじゃないですか。このお話ではお金持ちのチヤホヤされたい姫タイプ。楠木みどり、川田のぞみはどちらも容姿と裕福な家庭に恵まれている。

何故、楠木みどりはいじめられたのか?

みどりがいじめられていた原因は、「お金持ち自慢がうざかった」なのでしょうかね。キッカケはおそらくそうだと思ったんですよ。でも、いじめが継続していくのはそれだけじゃなくて、学校のクラスという閉鎖的な環境、川田のぞみのライバル潰し、容姿や裕福な家庭環境への嫉妬などがいろんなものが重なったんじゃないでしょうか。

本当のみどり自身の描写が一切ないので憶測でしかないのですが、うざかった自分を認め、好かれようと努力するタイプに生まれかわろうとしたと思うんですよ。でも、上記の様々な要因がそれを許さなかった。悪くなくてもフルボッコされ続け、相手を憎むこともできなくて。嘘に縋るしかなかった。俳優さんが役になりきることで別の自分になれるっていうお話をよく聞くじゃないですか。みどりはそれを糧に現実を頑張ろうとした。それが間違いだったんじゃないかなって私は思いました。

痛み止めや麻酔薬のように。人には生きていくた
めに、忘れねばならぬ痛みもあるのではないでし
ょうか。

ニンゲンには、辛い現実から逃避する権利もあ
ります。そしてそれが当人にとって、幸せな夢を
叶えるものに思えるならば。……それは素敵なこ
とではありませんか?

詭弁だわ。ニンゲンは現実に生きる。……それ
から逃げたツケを、いつかは支払うことになる
わ。

そもそも、好きだったアニメに興味がない、周りとのズレという時点で末期なんですよ。自分はこんなに疲れているのにお前らは何なんだ。こう思った時点でやばいです。息抜きが必要な状態です。

ohmaebot: 人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。
http://twitter.com/ohmaebot

魔法という決意で生まれ変わったみどり。自分が変わったところで、周りがすぐに変わってくれるわけもなく。フルボッコされ続けたらそりゃ病みますって。変わらない現実に苦しみ、嘘にのめり込み、現実を諦めてしまった。彼女は親に相談して、引越しをするべきだった。幸いにもそれが実行できる裕福な家庭環境だったんだし。決意を新たに頑張る。方法を間違えてしまったんじゃないかなと。こうやって、選択肢を残してあるのが竜騎士07さんらしいなぁと思いました。

お茶菓子を発見するという奇妙な才能。毬枝とみどりがお茶をするお話を読んでみたい。
深読みするならば、餌を見つけることに優れているのでしょうかね。毬枝。。。恐ろしい娘!

「見事な一撃です…」 (゚Д゚)b
毬枝におもいっきり抱きしめられ隊。

.

4話いっちゃううううう

関連記事

彼岸花の咲く夜に 第二夜 放課後 感想

彼岸花の咲く夜に 第二夜 放課後 感想

面白いのだけど、本編が重い内容で、正直プレイしてて辛かった。 トラウマ...

記事を読む

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第7話「彼岸花の咲く前に」 感想

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第7話「彼岸花の咲く前に」 感想

ポテチよ悟史くん!1111 彼岸花さんの過去話。 人との出会いで、人は...

記事を読む

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第6話「復讐のアザミ」 感想

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第6話「復讐のアザミ」 感想

ひぐらし「困ったときは誰かに相談するんだよ!!!」 彼岸花「死ぬ覚悟が...

記事を読む

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第5話「私の親友」 感想

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第5話「私の親友」 感想

大好きなテーマです。 でも、うみねこで大々的に取り扱った内容なので、 ...

記事を読む

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第4話「少年たちの肖像」 感想

彼岸花の咲く夜に 第二夜 第4話「少年たちの肖像」 感想

第3話「鏡の世界へようこそ」を受けてのこのお話。 人間の裏表。 野田裕...

記事を読む

新着記事

no image

たまこラブストーリー 感想

たまこラブストーリーを観てきました。  半年振りにブログを書きたくなる...

記事を読む

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX

One Night Re:Birth Again supported ...

記事を読む

no image

スタジオジブリ 宮崎駿 最新作「風立ちぬ」 感想

宮崎駿の最新作「風立ちぬ」を観てきました。 世代を問わず、日本で頑張っ...

記事を読む

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

 ブログをリニューアルしました。いや、リニューアル中です。すいません;...

記事を読む

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ を観に行ってきまし...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

ブレイブリーデフォルト
カウンター総数 総数
【ブログタイトル画像 Illustrated by】
2012 - 2013
だらりブログ@niso
lpumpkin@愛カボちゃ
└ SHOTATTEIIYONE@az
2011 - 2012】
花密@うらら
2010
タメイキクローバー@透音
rosb0919さんの読書メーター
rosb0919さんの鑑賞メーター
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑