rss twitter fb hatena gplus

*

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX


One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX
に行ってきました。

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX|伊藤賢治率いるロックバンドによるサガ・シリーズバトル曲ライブ
http://1night-rebirth.harmonics.co.jp/

■開催日時
 2014年1月18日(土)17:00 開場/17:30 開演
■会場
 新宿文化センター大ホール
 東京都新宿区新宿6-14-1

■チケット
チケット一般発売日 12月7日(土) 10:00~
 全席指定 6,000円(税込)

■MUSICIANS
伊藤賢治(key)、土屋玲子(vn)、寺前甲(gt)、上倉紀行(gt、key)、榎本敦(b)、山内優(ds)、和田貴史(manipulator)

■SPECIAL GUEST
河津秋敏プロデューサー(SQUARE ENIX)

 ライブ開始前のコミケ雲ならぬ「イトケン雲」が出来てるTLと、杉田さんの\アリだー!/でクッソワロタ。アンコールでまさかの『下水道』五連チャンで演奏、アルバム次回作が『下水道』オンリーとかイトケンすげーわー。マジすげーわー。

 ご無沙汰しております。なんでもいいから継続してアウトプットすることが大切。ということで、久し振りにイベントレポートもどきを書いてみようと思います。

 昨年は仕事と家庭事情に忙殺されてチケット先行販売を逃してしまい、一般販売に参加するも取れるわけもなく瞬殺。だが、ライブ前日になり光神の恩寵が発動。チケットを譲っていただくことになりました。私にとっては前回の「One Night Re:Birth」以来のライブ。約11ヶ月振りのライブということで、前日からテンション高すぎてミンサガのジャンやアンサガのキャッシュのような喋り方になるほど浮かれながら愛がアップ!(回転キック)を繰り返していました。

セットリスト

サガ25周年企画や新作について

河津プロデューサーと伊藤賢治対談トークコーナー


※気になった箇所を抜粋。自分の書いたメモを元にして内容を記述しているだけなので、トーク時の一言一句そのままではありません。ニュアンスは間違っていないと思われますが、参考程度に留めていただければと思います。

(河津神のご紹介のあと、1階席の前方、一般席からふっつーに登場ww)

下水道について

イ:ピコピコが下水道っぽかったんじゃないですかね。
河:このアレンジでもらっていたら、下水道にしなかったw

振り返って

河:12月15日でサガが25周年となります。
河:今日は15分くらい喋れと言われているw

河:最初に秘宝伝説の2曲がきて懐かしかった。
イ:秘宝伝説は3ヶ月で曲を書きました。当時はゲーム音楽を作るということにビギナーで、三和音で作ることを初めて知りました。
イ:入社した当時、植松さんに、伊藤くんはコンピュータで音楽とかMacとか詳しかったりするのかいと聞かれて、はいと二つ返事していました。
河:植松さんは今度いい新人が入ったんだよと嬉しそうだったw
イ:植松さんに、このソフトがどうやってインストールするんですかと質問したら、「CDをここに入れるだけだよ」と叱られましたw 大変申し訳ございませんでした。

河:三和音での曲。あの時代、あの時間だけのものが今もこうやって愛されている。珍しいケースだと思う。
イ:貴重な体験でした。

キャラクター人気投票について

EmperorsSaga(エンサガ)攻略メモ : 河津の皇帝全書 人気投票結果発表
http://emsaga.doorblog.jp/archives/35052889.html

(河津さんが徐ろにポケットからステッカーを取り出す。)

河:入り口で配られたこれ、エンペラーズサガのステッカーです。エンペラーズサガで人気投票の企画をやりまして、その結果の上位が掲載されています。神が8位。魔界塔士サガで、チェーンソで切られる人ですねw

河:1位がアセルス。2位と3位がエンサガでナビキャラをしていることもあってか、キャットとロックブーケ。4位がギュスターヴ。これは嬉しかった。
河:掲載は何故か8位まで。9位がアルベルトでした。彼はここに載ってない。悲しい。
イ:エレンが5位は意外でした。てっきりサラ辺りかと。
河:伊藤くんはそういう娘が好きなんだw 最近そういうのはどうなのww
イ:お陰様で仕事漬けですよw

河:あ、そうだ写真を撮ろうと思ってたんだ。

(河津神が徐ろにポケットから携帯電話を取り出す。このおっちゃん、フリーダムすぎるww)

イ:え、ぼくを撮るのww
河:これツイッターにあげちゃっていい?w いいよね?
イ:は、はい。
イ:会社を辞めても、上司と部下の関係は変わらず。はいと頷くしかない。ずっとこんな関係ですw

新作について

河:新作について本当はお話をしたかった。去年の8月くらいに、ここで何か発表できたらと考えていたのですが、ゲーム開発は遅れるものでして。。。 伊藤くんともまだ実は契約が終わっていませんw
イ:実はまだ聞かされていないので、皆さんと立場は変わりませんw
河:シナリオを書くときは古い曲を聴く。イトケンの曲を聴いていて、アツい曲で筆がのってくる。

河:当初、アルベルトとシフは逆だった。
イ:もっと若々しさがほしいと指摘されたこと覚えてますか?
河:いやw 昔から癖で、これなんなのとか、ばっさりいってしまいます。
河:ただ、四天王の曲はかっこよくて本当に感動した。これからも書いてくれると、助かります。
イ:バトル曲よりもバラードが好きです。クライアントにその旨を伝えると、最近はいやいやいやーと言ってバトル曲を書かせようとする輩が多くて。。。w
河:バラードが使いドコロが難しいよね。曲が長い。場面に合わせる必要がある。ただ、今回は使い方を考えます。書いてください。泣ける曲と、ラブソングがほしい。

河:ロビーに、小林智美さんの三邪神の原画が飾ってありました。Lovで三邪神が登場することになりましたよね。三邪神の何かが、再来週には告知があるかもです。楽しみにしていてください。

【『LoV III』】第32回 ゲストの雄姿を公開! 『ロマンシング サ・ガ』編 – コミニー[Cominy]
http://www.famitsu.com/cominy/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=65130

河:先日、浜渦くんのライブにいきました。イトケンはまた昔みたいにピアノどうなの。
イ:また今度、このライブとは違った形、gentle echo meetingでアコースティックなものをやりたいと考えています。

河:ライブってすごいですね。リハ、本番と1日で2回もやる。
イ:彼らはほんとすごいですよ。打ち上げは朝まで大盛り上がり。
河:ただでさえ、イトケンの曲はバスドラが大変なのにねw

河:新作はまだ全然できていません。お見せできるような段階にすらいっていません。先日、この会場で総会があって、社長がここで喋ってて、新年早々、発破をかけられました。サガ25周年ということで、コラボ、過去作、エンサガ、新作と、今年と来年の2年でいろいろと動きがあると思います。
イ:そこにも当然ぼくも参加させていただけるのでしょうか
河:一番人気ですからw これからもよろしくおねがいいたします。

ライブ中のトーク簡易レポ・感想

アレンジについて

イ:『七英雄バトル』のアレンジは賛否両論ありました。さきほどの『下水道』もそうですが、皆さんが、自分が思っている以上に作品を愛してくれていて、それを自分の趣味で勝手にアレンジできないと思うようになりました。こうしたら喜んでくれるかな。こうしたら聴いてくれるかなと考えながらアレンジしました。

誰が呼んだか「七英雄」

(前回ニコ生でのコメント「イトケンはダンターグ」についての言及。)

土屋玲子(vn):ロックブーケ
山内優(ds):ノエル
榎本敦(b):ワグナス
寺前甲(gt):スービエー
和田貴史(manipulator):ボクオーン
上倉紀行(gt、key):クジンシー
伊藤賢治(key):ダンターグ

岸川恭子: ラスボス

理由は「ぼくらの集合体みたいだから」とのことww

『クジンシーとの戦い』について

上:当時、サントラを購入して曲名を見て、誤植かと思いました。これ、他のボスでも流れますよねw どうしてこの曲名になったのですか?w
イ:当時はまだ自分でも頑張ってプレイしていたが、クジンシーまでしか行けなかった。だから、クジンシー専用の曲だと思ってた。当時はいろいろと緩かったよねw

サガフロ1の思い出

上:FFTにサガフロ体験版がついていましたよね。高校生の頃、コンビニでゲームが買えて、朝一で買いに行きました。FFTをやらずに、イトケンのバトル曲がききてえ!と真っ先にサガフロ体験版をプレイ開始。クーンとレッドが選べて、レッドをやってみたら全然バトルが始まらねえww 遅刻ギリギリでどうにか聴くことができました。帰ってきて、クーン編をやってみたら、あっちはすぐバトルができたw
イ:製品版ではスケジュールや容量の都合でお蔵入りとなったヒューズ編は収録されていたんだっけ?
上:いや、二人だけでした。

イ:サガフロ1は、ラストバトルを人数分書くのが大変でした。サガフロディレクターの一人(ディレクターというと石井浩一? それとも作業担当別のディレクターって意味なのでしょうか?)から、全員分ほしいよねーと軽く言われて、カチンときて、いろいろあって、やってやる!と思って頑張りました。恥も何もかも捨てて、いろんな人に聞いて回って。植松さんにプログレを教えてもらおうと思い、EL&PのCDを借りたりしました。
イ:サガフロでも、ロマサガでのBマイナーは踏襲しました。

曲名について

イ:先日、次は『バトル2』ね!と声を掛けて演奏を開始したら、全員が違う音を出したことがあって。
上:『バトル2』といってもいろいろありますもんね。
イ:最近は、後に括弧ロマサガいくつ~ と付けるようにしました。
イ:曲名の付け方は、植松さんからの伝統でした。植松さんも実は同じようなことで悩んでいて、その結果が『闘う者達』でしたw ボス戦は『更に闘う者達』。moreなんだ!ってww
イ:ミンストレルソングでは、当時の宣伝Pミッチー(ロマサガ時代からの宣伝担当ジェラール岡宮、ロマサガ3の四魔貴族やTBM、最近だと艦これの『夜戦!』の作曲者で有名。)が考えたとのこと。(ミンサガ以降で宣伝という言葉が出ると、どうしてもRつんを思い出して笑ってしまうww)

Rつんの!連携失敗。
http://www.square-enix.co.jp/games/ps2/romasaga/diary/pg/diary.php

Rつんの連携失敗。2
http://blog.square-enix.com/saga2/

Rつんの連携失敗。3
http://special.member.jp.square-enix.com/saga3sol/blog

感想

 世界一かっこいい下水道が、踊りたい下水道になってた。ミンサガをベースにして、逆に原曲に近づいたアレンジでした。

「本編よりアンコールが本番。ここからがメイン。」この発言の通りでワロタ。土屋さんが青い衣装で登場した時点でキチャウウウって思った。バイオリンソロからの『Last Battle -Asellus-』で鳥肌と涙腺やばかった。だって、ようやくですよ;; イトケンが弾いてる姿を見て目をウルウルさせてた俺きめえww アセルスのときの照明演出がゲームの再現みたいでした。あれほんと泣くわ;; ライブ限定で岸川恭子さんが加わった『バトル2』は格が違った。壮大感が半端ない。絶対にバトルに勝たなきゃって思わせる迫力がありました。CDにはこれとは別バージョンが収録されるらしいです。ボーナストラックとか購入特典のDLコンテンツとして、どっちも収録しちゃえばいいのにねっ!

gentle echo meetingや他アーティストさんのライブにゲスト出演にて、ファンが望むことと、自分のやりたいことの違いで悩んでいた頃のイトケンを知っているだけに、一皮向けたなーって思いました。パズドラに携わり、ご自身が再び脚光を浴びることになったことがキッカケだとしたら、パズドラありがとう。マジありがとう;; そういえば。高校生の頃、毎週土日はノビヨ師匠やイトケンといったゲーム音楽が大好きな友人たち4人で集まって、ゲーム音楽をキーボードやギターで演奏してヘドバン、耳コピ、アホなアレンジを作って遊んでいたのですが、そのときの親友の一人と一年振りに連絡を取ったところ、パズドラに大層な金額を使い込んだらしくて盛大に吹いてしまったw

閑話休題。小学校の頃にリアルタイムで秘宝伝説をプレイして、スクウェア退社でファンが離れていき、イベントの集客が微妙な時期もずっと応援してきて、こうやってre:birthできたことが、一ファンとして本当に嬉しいです。これからも最前線でのご活躍を楽しみにして生きようと思います。仕事や体調等の理由で他のライブには行けなくなっても、これだけは必ず行くように頑張りますw

余談。ライブの楽しみ方について

 先ずは前回のOne Night Re:Birthについて。初出の暴露話が面白かった。「ロマンシング」といったタイトルの由来は、ロマサガ「回転キック」の決めポーズ考案や聖剣LOM、MOTHER3で有名な井上信行さんの発案で、当時流行っていた『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』から取ったとのこと。ロマサガ3のフォルネウスが使うメイルシュトロームに即死効果が付与していた件のくだりでめっちゃ笑ったw 未使用の『おたまのテーマ』即興演奏も印象に残っています。

前回のときは箱に人がいっぱいで空気が薄い、とにかくオールスタンディングでずーっとバトル曲がしんどかった。翌日の筋肉痛が辛かったw そして今回は座席付きの会場。とにかく音が綺麗に聞こえて、素人でも音響すげえって思った。ただ、バトル曲を座って聴くのは逆に辛かった。アンコール前の本編でもはしゃぎたかった。念願の『Battle #1』のときに立ってヘドバンしまくりたかった。そこだけが残念。

One Night Re:Birth イベントレポートへのリンク

「Re:Birth II」の続編制作も発表! イトケンサウンドに約1000人が酔いしれた「One Night Re:Birth」の模様をレポート – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/083/G008326/20130225039/

イトケン節炸裂の『ロマサガ』ライブ“One Night Re:Birth”開催! アルバムの続編制作が明らかに – ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201302/25029316.html

One Night Re:Birth Again イベントレポートへのリンク

一夜限りのイトケンバトルサウンドの祭典がここに! – GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140119_631336.html

伊藤賢治氏、河津秋敏氏合同インタビューレポート – GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140119_631337.html

世界一カッコいい「下水道」、ついにバンドアレンジ! 『サガ』シリーズのライブイベント“One Night Re:birth Again”リポート – ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201401/19046747.html

『サガ』シリーズのライブイベントで、河津秋敏氏が「新作を発表したい」と発言! イトケンこと伊藤賢治氏に曲を発注する予定もあるとか!? – ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201401/19046745.html

 

次回のライブにて、河津神×イトケン作品であるワイルドカードの楽曲も演奏しちゃうとかいかがでしょうかっ! んで、その流れでサントラ発売とかどうですかね、スクエニさんっ!11111 (`・ω・´)

WILD CARD 曲名教えてくださいメドレー – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1473940

関連記事

no image

FINAL FANTASY on Electone 4th STAGE お詫びミニコンサート

FINAL FANTASY on Electone 4th STAGE...

記事を読む

4starオーケストラ 10月1日バンドステージ夜公演 【第二部:岩垂徳行SPECIAL BAND】

4starオーケストラ 10月1日バンドステージ夜公演 【第二部:岩垂徳行SPECIAL BAND】

4starオーケストラ 10月1日バンドステージ夜公演 に行ってきまし...

記事を読む

KEYS OF GAME Volume 1 / ひぐうみライブ 5月5日開催決定

KEYS OF GAME Volume 1 / ひぐうみライブ 5月5日開催決定

KEYS OF GAME Volume 1 に行ってきました。 日時 ...

記事を読む

祝 20周年 / gentle echo meeting 2

祝 20周年 / gentle echo meeting 2

gentle echo meeting 2 に行ってきました。 htt...

記事を読む

新着記事

no image

たまこラブストーリー 感想

たまこラブストーリーを観てきました。  半年振りにブログを書きたくなる...

記事を読む

no image

スタジオジブリ 宮崎駿 最新作「風立ちぬ」 感想

宮崎駿の最新作「風立ちぬ」を観てきました。 世代を問わず、日本で頑張っ...

記事を読む

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

 ブログをリニューアルしました。いや、リニューアル中です。すいません;...

記事を読む

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ を観に行ってきまし...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

ブレイブリーデフォルト
カウンター総数 総数
【ブログタイトル画像 Illustrated by】
2012 - 2013
だらりブログ@niso
lpumpkin@愛カボちゃ
└ SHOTATTEIIYONE@az
2011 - 2012】
花密@うらら
2010
タメイキクローバー@透音
rosb0919さんの読書メーター
rosb0919さんの鑑賞メーター
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑