rss twitter fb hatena gplus

*

地雷ソフト 追奏のオーグメント 感想・考察


ご無沙汰しております。
2013年になり正月早々から私生活で様々な出来事がありました。
アホになって現実逃避したい今日この頃です。

一年前のイベントの告知出たまんまだぞとかブログのデザイン崩れまくってるしTopsyのリツイート表示が消えてんぞいい加減直せよとかおまえそんなことやってていいのかってのは置いといて。

くそ忙しいのに何を血迷ったのか無性にエロゲーがやりたくなり、げっちゅ屋のサイトで物色、地雷ソフトという新規参入ブランドのデビュー作「追奏のオーグメント」というソフトからお姉ちゃんオーラを感じたので体験版をDL。田中ロミオさんチックな下ネタ満載の日常パートがあまりにもくだらなくて(褒め言葉)ゲラゲラ笑いながらプレイ。翌日にはネット通販でポチっていました。普段は優柔不断なチキンのくせに、この決断の早さはどういうことなの。お姉ちゃんなの? お姉ちゃんだよっ! チキンタツタ美味しい! 一番好きなバーガーです! 明るめの茶髪・ソバージュ・眼鏡な塾の先生にキュンキュンした中学生時代の経験からお姉ちゃん属性になり、このお姉ちゃんはいいぞ!と評判を見聞きした作品はチェックしてきました。この歳になってようやく気付いたのですが、一般文芸のお姉ちゃんは高確率でエロい。具体的にナニかやっているわけでもないのに、佇まいや仕草、言葉選びだけでエロい。作家ってすげえ。他の一般文芸もAnotherみたいに深夜アニメにしませんか? 深夜だけに。(ゲス顔)

そんな私にとって、本作は殿堂入りの近年稀に見る良い姉ゲーでした。
個人的には名作ではないかと思います。
(下ネタ多め、18禁な場面はちゃんとあるので人を選びます。)

以下はネタバレ感想・考察です。ガチです。

 

世界構造

現実世界
 └ 蓉子にオーグメントの記憶が存在する世界
   └ 紗月にオーグメントとの記憶が存在する世界
      ├ 詩帆ルート
      ├ 紗月ルート
      └ 菜実ルート

・現実世界にて、蓉子が交通事故に遭う。
・蓉子が意識不明のとき、蓉子の魂を核としたオーグメントが誕生。
・現実時間ではたったの2日という間に、蓉子はオーグメントとして秀弥の人生80年間を何千年も繰り返す。

・厳密に世間一般でいうところの平行世界、並行世界というわけではない。
・世界と世界は同時に存在するわけではない。デタラメな世界。
・オーグメントは単一の存在である。
・オーグメントが活躍することで物事が解決する。
・つまりは、観測者であり創造主であり機械仕掛けの神である蓉子のデタラメな妄想。
   ⇒ 事故で瀕死状態の蓉子が、大好きな秀弥とまだまだ人生を生きたいと願ったIFの物語。秀弥と蓉子の可能性の物語。

お金を払って購入した読者に許された権利「上から目線で語る」を行使して、世界設定の作りこみが甘いなーと思っていた時期が私にもありました。ループ物はノベルゲーの定番だし、ここ数年だけでもシュタゲ、まどマギといった有名作品で取り扱っているからユーザーもそうそう馬鹿じゃない。では、何故こんな出来になったのか。意図的にこうなっているのかもしれない。何が意味があるのでは?と考えました。ああ、だからデタラメなんだ!って分かったときの鳥肌はやばかったです。思い返せば、オーグメントと蓉子の共通点は序盤から提示されていました。笑いの沸点がおかしい。例え話が秀弥と似ている。エロにオープン。デタラメ(設定を平気で覆す)。「姉に関しては融通が利かない」という秀弥の設定は、蓉子の願望なのかもしれません。

蓉子の葛藤

・オーグメントとして生きているとき、蓉子は見て見ぬ振りをしてきた。
・誰かを選ぶことで、選ばなかった誰かに憎まれる。
・だから選べなかった。助けなかった。
・そんな彼女でも、秀弥を守ることだけには一切の迷いはなかった。
・秀弥を一人占めにしたかった。
・繰り返しの中で募っていく秀弥への愛情。最早、家族愛という言葉で括る範疇をゆうに飛び越えたもの。

・どうしたら、秀弥の傍にいられるか。
・どうしたら、秀弥と自分が幸せになれるか。
・秀弥の幸せは自分の幸せ。
・秀弥と結婚したい。でも、できない。
・秀弥を他の女の子に取られたくない。

◆詩帆ルート
・弟の幼馴染とは顔なじみだったので、うまく生活ができたかもしれません。
・彼女の境遇に同情した = 自分の生い立ちと重ね合わせたのかもしれません。

◆紗月ルート
・弟がクラスのアイドルと付き合う世界があった。
・彼女自らの申し出により記憶を消去。弟を思う立場として消去に同意したのも頷ける。
・その後、二人で困難を乗り越えて行く決意。それを認めた。

◆菜実ルート
・菜実の独占欲は非常に強いものだった。この時点では蓉子と相容れるわけがない。
・XIIIの描写を嫉妬心と捉えることもできます。そう考えると、こわかわ。
・オーグメントとの時間移動を即断した菜実の覚悟を認めた。

オーグメントとして過ごした出来事は夢か現か幻か。どれも正解だと思います。最初は家族として好きだった秀弥。長い年月を経て、蓉子にとって本当にかけがえのない存在となるが、どうしようも出来ないことを悟る。各ヒロインルートを終えてオーグメントから魂の半分が解き放たれ、現実世界へ戻る。いかに自分が人間として未熟だったか、愚かだったのかと悩み苦しんだとおもいます。魂が浄化しきれていない。弟離れまであと一歩。

蓉子の答え

・各ヒロインルートでの「ありがとう」の言葉。心。気持ち。
・詩帆、紗月、菜実それぞれ今際の際での「ありがとう」の言葉とお願い事。

旅立つ寸前の彼女たちには、蓉子=オーグメントだと分かったのかもしれません。秀弥や貴女たち家族との幸せな人生をありがとう。彼女たちからの恩返しであり、自分のことをずっと見守ってくれた秀弥からの恩返しだったのかもしれません。自分がやってきたことは無駄じゃなかった。なにより、秀弥が幸せだったこと。これが彼女自身を救うことになった。

・蓉子の命を救う為、秀弥が魂を捧げようとする。
・オーグメントを浄化するには、魂の持ち主が幸せであったことが条件。
・オーグメントと共にやってきたばかりの秀弥は、この世界では誰とも幸せになっていない。
・秀弥はとても幸せだった。姉さんがいたからココに在る。
・お姉ちゃんいらない人だと思ってたけどそうじゃなかった、ひーちゃんが幸せだったなら、おねーちゃんも幸せ!
   ⇒ おねーちゃん助かるっ!!!

Augment
〈…を〉増加[増大]させる.

お姉ちゃんに萌える姉ゲーであり、お姉ちゃんのお姉ちゃんによるお姉ちゃんの為の物語。セカイ系(お姉ちゃん)。オネエ系。なんかケバいね! ブラコンを増幅させたらセカイが生まれる。お姉ちゃんってすげえっ!

以下余談。

【閲覧・バレ注意】地雷ソフト「追奏のオーグメント」は色々とすごいな・・・|オタク.com
http://0taku.livedoor.biz/archives/4293242.html

スタンプ日記(ひとり版画展開催中) オーグメントが発売されましたよー
http://nuto2p.blog10.fc2.com/blog-entry-149.html

・企画
・音楽
・シナリオ
・全体ディレクション
・効果音
・音声編集(音切りではなく、音量調整したり電話声に加工したり等)
・スクリプト(演出は9割以上やってるかと)
・デバッグ
・DJ&構成作家(笑)

上記作業を丸山剛さんという人がなんと一人でやっているそうです。今月発売されたファンディスクでは「絵以外全部…丸山 剛」と記載されています。すげえと思う前に「この会社やべえ、頭おかしい」とww エロゲ業界はこうでなくちゃ。いつから一般向けでオシャンティな業界になってしまったのでしょうか。公式サイトやPV、通販体制までマジキチ仕様です。テンションがおかしい。素晴らしい。いろいろググってみたところ、元々は音楽で活動されているようです。

経歴やダメ人間なところ、いい歳したおっさんが「これ面白いんだぜ!」って自信満々に書いたギャグパートがくだらすぎて面白い。すごくだーまえっぽいなぁって。。。ww こういう人は応援したくなります。ファンディスクの公式通販の特典が手焼きCD-Rで注文しないでくださいとのことだったので、注文してあげました。

DSC_03072

右側の茶色いのはスタッフ手作りのトレーディングカード(肉じゃが)!!!
うん。
カードだね!

肉じゃが美味しいよね。
味が染み込んだにんじんが特に好き!

「たまにはオリキャラ~♪その2」/「雛咲」の漫画 [pixiv]
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27443460

このゲームのイラストレーターさん、ブレイクしそうですな。こっちの業界では既に有名人なのでしょうか。Tonyさん、いとうのいぢさん、ブリキさんのいいとこ取りみたいな絵柄。ようこお姉ちゃんと菜実ちゃんがかわいい!

先日発売したばかりのファンディスク「終奏のオーグメント」をプレイしてくる! (゚∀゚)

関連記事

no image

たまこラブストーリー 感想

たまこラブストーリーを観てきました。  半年振りにブログを書きたくなる...

記事を読む

no image

スタジオジブリ 宮崎駿 最新作「風立ちぬ」 感想

宮崎駿の最新作「風立ちぬ」を観てきました。 世代を問わず、日本で頑張っ...

記事を読む

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ を観に行ってきまし...

記事を読む

映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 感想・考察

映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 感想・考察

 映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 を観て来まし...

記事を読む

新着記事

no image

たまこラブストーリー 感想

たまこラブストーリーを観てきました。  半年振りにブログを書きたくなる...

記事を読む

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX

One Night Re:Birth Again supported by SQUARE ENIX

One Night Re:Birth Again supported ...

記事を読む

no image

スタジオジブリ 宮崎駿 最新作「風立ちぬ」 感想

宮崎駿の最新作「風立ちぬ」を観てきました。 世代を問わず、日本で頑張っ...

記事を読む

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~ / Angel Beats! Heaven’s Door 5巻 感想・遊佐についての考察

 ブログをリニューアルしました。いや、リニューアル中です。すいません;...

記事を読む

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ を観に行ってきまし...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

ブレイブリーデフォルト
カウンター総数 総数
【ブログタイトル画像 Illustrated by】
2012 - 2013
だらりブログ@niso
lpumpkin@愛カボちゃ
└ SHOTATTEIIYONE@az
2011 - 2012】
花密@うらら
2010
タメイキクローバー@透音
rosb0919さんの読書メーター
rosb0919さんの鑑賞メーター
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑